看護部

西宮協立リハビリテーション病院 看護理念

  • 患者さまが「その人らしく生きる」という目標に進めるように共通の価値観を持ち、寄り添う看護・介護を提供いたします。
  • 患者さま・ご家族と「共に悩み」「共に考え」「待つ看護」を実践いたします。

看護部長ごあいさつ

写真:部長 寺岡 由佳里
部長 寺岡 由佳里

回復期リハビリテーション病棟は、急性期病院での治療を終えた患者さんを早期に受け入れ、24時間のかかわり全てをリハビリと捉えている病棟です。ADL(日常生活動作)の向上、寝たきり防止、自宅復帰を目標に「その人らしく生き生きと暮らしていただける」よう多職種チームで患者さんやご家族を支援しています。
病棟における看護師の役割は、全身管理(健康の維持管理・リスク管理)日常しているADLの向上、廃用症候群の予防、心理的支援、家族ケア、生活の再構築と多岐に渡ります。
リハビリ看護の目標である「生活の再構築」が出来るよう、他職種(療法士・介護福祉士など)と共通の目標を掲げ、専門的知識や実践を積み重ねています。普段生活の中で、当たり前に行っている行動を看護師は、患者さんの「その人らしさ」とは何かを考え日々看護を実践しています。また、介護福祉士は、リハビリ訓練の中にも「その人の幸せ」を考え日々介護を実践しています。
最後に、笑顔を絶やさず、患者さま・ご家族と「共に悩み」「共に考え」「待つ看護」を理念に掲げ、患者さんが「その人らしく生きる」という目標に寄り添い、「あきらめない看護・介護」を目指しています。

回復期リハ病棟での看護師の役割

病棟では患者さん・ご家族を中心に「その人らしい生活」が再構築できるように、チームとして専門性を活かしてリハビリテーションを実践しています。
その中で看護師は、患者さんの目標に向けて、リハビリが進められるよう全身状態の管理やケアを行います。また、訓練でできるようになった日常生活動作を生活の場面でもできるように援助しています。そして疾患や事故などで、障がいを持った患者さんの精神的な支援も重要な役割です。 


看護部ページヘ

ページの先頭へ

メニューを閉じる