ホーム > 脳神経外科病院 > 当院の取組み > 安全管理室・感染対策室

安全管理室・感染対策室

安全管理室

安全管理室は、当院での安全な医療の提供と医療事故の防止に資するために、院長直属の部門として設置され、専従のセーフティマネジャーおよび医療対話推進者を配置しています。
  • 当院の安全管理室は医療事故を未然に防ぐための予防活動と、なんらかの事故・トラブルが発生したときの初動活動を最重要視し、病院全体の安全管理を行う部門です。
  • 毎年、病院の理念に基づき、安全管理室の目標を掲げます。
  • 目標達成に向けて、組織横断的に編成されている各階のセーフティマネジャーや各職場の責任者と連携を取りながら、医療安全の確保に向けて取り組みを行っています。
  • 詳しくは「医療に係る安全管理のための指針 PDF 」をご参照ください。
  • 毎年、医療安全推進週間に取り組んでいます。

主な医療安全管理室の活動

  • ヒヤリ・ハット報告・事故報告の集約・分析・改善策の検討 →「ヒヤリ・ハット報告・事故報告の集計データ PDF 」をご参照ください。
  • 日本医療機能評価機構へのヒヤリ・ハット情報提供
  • 医療安全管理に関するマニュアルの見直しや改訂
  • 各部署における医療安全管理に関わる相談・助言・指導
  • 医療安全関連情報の把握と職員への啓発
  • 患者・家族の皆様の医療参加促進
  • 医療安全に関する職員教育の企画・実施
  • 医療安全推進週間の取り組み  等……
上記活動よりH27年度の医療安全推進週間の取り組みを抜粋しました。
◆医療安全講演会:
院外講師をお招きして、「現場でのリスク管理と患者安全~インシデント事例から学ぶ~」の演題で講演していただきました。

◆院内救急救命訓練:
“急変場面でのチーム蘇生が取れる”事を目的として実施しています。

◆市民対象BLS講習:
市民の方に対してBLSの普及を目的として、当院の応急手当普及員が院内で講習会を実施しています。

◆医療安全川柳:
「医療安全」のテーマで院内職員対象に川柳を集めて、投票を行いました。

◆5S表彰:
『病院5S』の活動を奨励するため、その取組みが顕著であった部署に、『最優秀賞(院長賞)』『特別賞:模範となる個性的な取組み(医療安全推進委員長賞)』の表彰を行っています。

これらのことを、安全管理室で企画・運営しています。

患者さん・ご家族へのお願い

「患者は医療の中心であり、医療は患者のために行うもの」そのためには、患者様が、ご自分の病気や治療に関して「すべて医者に任せる」のではなく、自ら情報収集するなど主体性を持って医療に参加していただくこと、病気や治療への知識を高めていただくことで、医師や看護師とより深く、よりスムーズなやりとりができるようになるほか、一歩踏み込んだ質問や相談なども可能になり、医療の質の向上につながります。安全で質の高い医療の為に患者様ご自身がなしうることを充分に説明し、安全な医療システムへの参加を推進することで、患者様と病院職員相互の信頼関係を築き、医療の安全性を高めるために、ご協力いただいております。

安全管理室 専従セーフティマネジャー

感染対策室

感染対策について

平成25年4月より、院長直属の部門として「感染対策室」を設置し、各専門職種を配置して活動しています。
  • 当院の感染対策室は院内感染を未然に防ぐための予防活動と、なんらかの院内感染が発生したときの初動活動を最重要視し、病院全体の感染対策を行う部門です。
  • 病院の理念に基づき、年度毎に感染対策室の目標を掲げ、達成に向けて感染制御委員会(ICC)、感染制御チーム(ICT)、各所属と連携をとりながら、感染対策の取り組みを行っています。
  • 地域病院との合同カンファレンスや相互ラウンドを定期的に行うことで、地域における感染対策の質向上に主導的に取り組んでいます。
当院には、様々な感染症をもった方、あるいは免疫力の低下した方など、多様な患者様が入院されています。この様な環境下では、本来の疾病以外に、院内で新たに感染症に罹患する可能性は皆無とは言えません。院内感染は、患者様を新たな危険にさらすとともに、本来必要でなかった治療が必要となる不利益をもたらします。また患者様に接しているご家族や、病院職員をも危険にさらすことに繋がります。
患者様やご家族、病院職員の安全を守るため、院内感染予防を含めた様々な感染対策活動を実施しています。

主な感染対策活動

  • 最新情報の収集と分析
  • 院内ラウンド
  • 各種サーベイランス
  • 各所属への相談・助言・指導
  • 職員への教育・啓発
  • 抗菌薬適正使用の推進
  • 職業感染予防対策
  • 各種マニュアル作成・改定
  • 院内設備・環境の改善
  • 感染対策に必要な診療材料の導入
  • 感染症法に基づく対応
  • アウトブレイク時の介入
  • 地域病院とのカンファレンス、相互ラウンド

ページの先頭へ

メニューを閉じる


/