ホーム > 訪問看護センター > 4月1日より当センターの理念が新しくなりました

4月1日より当センターの理念が新しくなります

平素より、西宮市内そして近隣地域の皆さまには大変お世話になっております。

この度、西宮協立訪問看護センターと西宮協立ケアプランセンターの理念を変更することをお知らせいたします。変更に際しては、現代の地域共生社会・地域包括ケアシステムを踏まえた内容にすると共に、私たちスタッフの想いも込められております。

理念
住み慣れた地域での暮らしをかなえる




「かなえる」は「協える」

1.協調:人々の声に耳を傾けて協調していきます
2.協同:多職種と協同していきます
3.協和:協和しながら地域貢献していきます

協調・協同・協和にはそれぞれ「協」という漢字が使われています。「協」には字義として「かなう」があり「合う、和合する」といった意味が込められているそうです。私たちの新しい理念「住み慣れた地域での暮らしをかなえる」にはこうした想いも編み込んでいます。

在宅療養者とご家族の想いや声に耳を傾け、多職種との連携を密に行い、地域で暮らす人々の健康で幸せな暮らしのお手伝いを目指す。

新しい理念のもと、病気や障がいがあっても安心して住み慣れた地域での療養生活が送れるよう、より質の高い訪問看護の提供に努めてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

西宮協立訪問看護センター
西宮協立ケアプランセンター
所長 小林 郁美



  • ※所長のごあいさつや当事業所の行動指針などはこちらのページをご覧ください



ページの先頭へ


メニューを閉じる