ホーム > 西宮協立認定栄養ケア・ステーションの活動内容

西宮協立認定栄養ケア・ステーション

訪問栄養食事指導のご紹介

サンプル画像
管理栄養士による訪問栄養食事指導を実施しております。通院などが困難な方に対して管理栄養士が定期的にご自宅に訪問し、栄養や食事の管理および指導などを行うサービスです。外来に付き添いで通院されている方、長時間座って指導を受けることが難しい方、ご本人の理解が困難でヘルパーやご家族への指導が必要な方などもご相談ください。詳細については、以下を参照ください。

1.対象者について

低栄養の方、嚥下障害がある方、がんの方、褥瘡がある方、経管栄養を行っている方、食事管理が必要な方(糖尿病・腎臓病・心臓病・肝臓病・高血圧・高度肥満症・貧血・脂質異常症など)が主な対象者となります。
  • 医療保険(在宅患者訪問栄養食事指導)と介護保険(居宅療養管理指導)が適用されますが、医師の指示やケアマネジャーの判断が必要となります。
  • 介護保険の認定を受けられている方は、介護保険が優先適用となります。
  • 医療保険でご利用の場合は、一度、西宮協立脳神経外科病院の受診が必要となります。

2.訪問費用と回数について

訪問費用と回数について
  • 訪問回数1回につき30~60分程度(月2回まで)となります。
  • 介護保険は「区分支給限度額」の枠外サービスです。
  • 調理指導で使う食材費など利用料金とは別に費用が発生することがあります。



3.訪問日と訪問可能範囲について

  • 訪問日は、「月~金曜日(土・日・祝を除く)9:00~17:00」となります。
  • 訪問可能範囲は、当事業所より電動自転車で25分圏内にお住まいの方(その他の地域は要相談)となります。詳細は下記の「訪問可能範囲一覧表」をご参照ください。

4.実施内容について

  • 食事摂取量や栄養状態のチェックとアドバイス
  • 調理指導(嚥下食・減塩食の作り方など)
  • 栄養補助食品や嚥下調整食の紹介
  • 経管栄養(栄養剤の選定・注入方法など)



5.訪問栄養食事指導の流れ

訪問栄養食事指導の流れについて
  • 利用者さまの同意と医師の指示(介護保険をご利用の場合はケアマネジャーの同意も必要)があれば、どちらの医療機関でも依頼をお受けすることができます。
  • 利用者さまがご利用について迷っておられる場合、ご自宅まで面談に伺い、サービス内容についてご説明させていただきます。その後、ご検討いただくことも可能です。お気軽にお問い合わせください。

電話番号 0798-30-6080
ファックス番号 0798-30-6081
メールアドレス eiyou.care@nk-hospital.or.jp



デイケア栄養支援のご紹介(対象:西宮協立デイケアセンターをご利用中の方)

サンプル画像
西宮協立デイケアセンターほほえみ・第2ほほえみをご利用中の方を対象として、栄養面のサポートを行っています。

デイケアに通っている方の、実に「2人に1人が低栄養・低栄養のおそれがある方」という結果があります(当事業所調べ)。「食欲がなくてリハビリができない」「動けるようになったけど、痩せてしまう」という状態では、効果的なリハビリがむずかしくなります。適切な栄養管理はリハビリの基礎だと言えるでしょう。

西宮協立認定栄養ケア・ステーションでは「食べること」を支援するため、栄養スクリーニング加算、栄養改善加算を算定してサービスを提供しています。
訪問栄養食事指導の流れについて

ココがポイント!

リハビリを効果的に進めるために、管理栄養士と理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士といった多職種がチームとなり、栄養状態の改善にむけて取り組みます。必要時には西宮協立デイケアセンターで開催されるリハビリテーション会議に管理栄養士が出席。医師やケアマネジャー・利用者さまご本人・ご家族と一緒に、ご自宅とデイケア、それぞれでできることを考えながらサポートを進めていきます。


栄養教室などのご紹介

サンプル画像
「管理栄養士に相談したくても、どこにお願いすればいいのかわからない」という声をよく聞きます。地域の皆さまだけでなく、自治体や民間企業の皆さまにも下記のようなサービス提供が可能です。お気軽にご相談ください。
 
  • セミナーや研修会の講師
  • 栄養教室や料理教室の企画
  • 原稿の執筆
  • 栄養に関する資料の作成

ページの先頭へ


メニューを閉じる