ホーム > KOYUKAI FRIENDS > 開院記念日4月1日の行事食〜祝20周年!〜

KOYUKAI FRIENDS

開院記念日4月1日の行事食〜祝20周年!〜

皆さまお久しぶりです。西宮協立リハビリテーション病院 栄養科です。

 

当院は2002年に開院し、今年で20才になりました。今回は開院記念日にあたる4月1日に実施した行事食についての報告です。

 

 

< お品書き >

  • 桜ちらし寿司
  • 鯛の塩麹焼き
  • 桜そばのサラダ                  
  • 季節の和菓子

 

 

 

今回のメインは桜ちらし寿司です。春の雰囲気が出るように、ちらし寿司の寿司めしは桜風味にしました。

また、小鉢の桜そばのサラダは、さっぱりとした青じそ風味に仕上げました。

 

 

鯛の塩麹焼きには桜の花びらをあしらい、春の雰囲気をプラス。

 

 

季節の和菓子にも春の花の風吹く一日を表現したものをご用意。そっと付いている小さな花びらがかわいらしく、キュンとします。

 

 

今回は桜づくしのお膳でした。開院記念日と春のお祝い感はでているでしょうか。配膳後には、うれしいお手紙が届きました。頂くお手紙には、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。

個人情報保護のためお名前は隠しております

 

 

 

……さて、この日、夙川では抜けるような青い空に満開の桜を見ることができました。当院は少し山間の高い場所であるせいか、敷地内の桜の開化はまだまだです。

〈左〉夙川の桜 〈右〉当院の桜

 

その後、一週間ほど遅れて満開となった当院の桜。西宮協立リハビリテーション病院にとっては20回目の満開の風景です。

 

栄養科では、これからも「ふたたび自分らしく、いきいきと暮らせるように」という病院理念のもと、お一人おひとりに寄り添った栄養支援、食べられるようになるための工夫を大切にしてまいります。

ページの先頭へ


メニューを閉じる