やりがいのある仕事を一緒にみつけよう!

看護部長挨拶・看護理念

看護部長挨拶

チーム医療で患者様・ご家族を支援 看護部長 塩月 由起子

 回復期リハビリテーション病棟は、急性期病院での治療を終えた患者さんを早期に受け入れ、24時間の関わり全てをリハビリと捉えている病棟です。ADLの向上、寝たきり防止、自宅復帰を目標に多職種チームで患者さんやご家族を支援し、「その人らしく生き生きと暮らしていただける」よう充実したチーム医療を目指しています。
 病棟における看護師の役割は、全身管理(健康の維持管理・リスク管理)、日常しているADLの向上、廃用症候群の予防、心理的支援、家族ケア、生活の再構築と多岐に渡ります。
 普段生活の中で、当たり前に行っている行動を患者さんの「その人らしさ」とは何かを考え日々看護を実践しています。リハビリ看護の目標である「生活の再構築」ができるよう、他職種と共通の目標に向かい、専門的知識や実践を積み重ねることで、スタッフそれぞれが、専門職としてまた人間として成長し合える環境になっています。
 看護師が本来行っている「療養上の世話=看護=リハビリ看護」です。



リハビリテーション病院看護理念

・患者さまが「その人らしく生きる」という目標に進めるように共通の価値観を持ち、
 寄り添う看護・介護を提供いたします。
・患者さま・ご家族と「共に悩み」「共に考え」「待つ看護」を実践いたします。