ホーム > KOYUKAI FRIENDS > INAC神戸レオネッサがやってきた!

KOYUKAI FRIENDS

INAC神戸レオネッサがやってきた!

西宮協立デイケアセンターほほえみ・第2ほほえみでは、平成29年7月14日(金)にアイナック神戸レオネッサの選手による「つながりプロジェクト」を開催しました。

 

「つながりプロジェクト」は、なでしこリーグのアイナック神戸の選手が地域の高齢者施設や身障者施設を訪問し、利用者さん、職員と交流を行うという取り組みです。さまざまな世代の交流から多くの気づきや学びが生まれることで、つながりを育みます。

選手がお客さまとしてお伺いする「慰労訪問」ではなく、短い時間であっても中に入り込んで一緒に「何か」をして時間を「共有」するという企画です。

 

 

第2ほほえみでは

左から 福田ゆい選手・島袋奈美恵選手・スタンボー華選手

 

今回来ていただいたのは、福田ゆい選手(20番)・島袋奈美恵選手(22番)・スタンボー華選手(21番)の3名。

 

第2ほほえみでは2チームに分かれ、段ボールをゴールに見立てたサッカーゲームで点数を競い合いました。白熱した試合の最後に選手の登場! 試合は選手同士のPK戦になりました。もちろんゴールしたら超高得点(お約束ですね)。

利用者さんの期待が高まる中、惜しくも2選手のボールはゴールポストをかすり後方へ。皆さんからは「あ〜!」と落胆の声がもれます。さらなる期待を背負ったなか、ボールの前に進み出た3人目の選手。みなさんの期待はいよいよ高まります……!

ひとつ深呼吸をした後、軽く助走をつけて蹴る選手。ボールは……勢いよくゴールに吸い込まれていきました! みなさんからは割れんばかりの拍手と、笑顔。利用者さんにとっても職員にとっても非常にたのしい時間になりました。

 

 

 

ほほえみでは

ほほえみでは、ゴム体操、棒体操、脳トレ体操を一緒に行いました。選手が参加するということで、普段は体操をしない利用者さんも積極的に参加をしてくれました。

 

 

いつもはスタッフが行う体操の掛け声を選手ひとりずつにしていただきました。皆さん、さすがに声が通るので、体操にも活気が出ました!

 

 

脳トレ体操(脳を鍛える体操)では、選手1名にお手本となっていただきました。

選手であっても時々間違えるほど難度の高い脳トレ体操。真剣に様子を見つめる利用者さん方からは「ちがう~!」「あっ、間違えた!」と声が出ていました。選手が間違えることで、笑いにつながっていたようです。

 

 

最後は、ほほえみから利用者さんへのサプライズ。

一人の利用者さんが、選手のために応援メッセージを書いてくれており、3選手それぞれにお渡ししました。3選手ともメッセージをしっかり受け止めていただけたのではないでしょうか。

 

 

3選手からのサインも頂きました!

今回「つながりプロジェクト」として選手の方々にご訪問いただき、施設全体がいつも以上に活気があふれました。またいつでもお待ちしております! INAC神戸さん、本当にありがとうございました!

 

 

 

INAC神戸「つながりプロジェクト」

「つながりプロジェクト」のより詳しい情報は下記URLから(外部サイトにリンクしています)

http://inac-kobe.com/news/2184

 

 

ページの先頭へ


メニューを閉じる