ホーム > KOYUKAI FRIENDS > 七夕☆メニュー

KOYUKAI FRIENDS

七夕☆メニュー

皆さんこんにちは。西宮協立リハビリテーション病院 栄養科です。

今回は7月7日(金)に実施した七夕の行事食についての報告です。

 

 

< お品書き >

  • 七夕そうめん
  • 七夕盛り合わせ
  • 野沢菜おにぎり
  • デザート

 

 

 

七夕そうめんには、星形のニンジンとオクラの輪切りにしたものを散りばめ、七夕の夜空の雰囲気を味わえるようにしました。いかがでしょうか?

 

 

麺類の献立の時には白おにぎりも付けているのですが、今回はごはんに野沢菜とごまを混ぜ、野沢菜おにぎりにしてみました。

 

 

 

配膳後、お手紙が一枚栄養科に。

読んでみると「七夕とそうめんの由来を教えて下さい」と書かれてありました。

 

 

いつも「七夕にはそうめんがつきもの!」と献立を組んできましたが……「由来は?」と聞かれると私達も「??」となってしまいました。

 

あわてて由来を調べ、お返事を作成し、質問をいただいた方の夕食のお膳にのせました。

そうめんのルーツは中国伝来の索餅(さくべい)という小麦料理にあったのですね。古代中国に、7月7日に索餅を食べると、1年間、無病息災で過ごせるという言い伝えがあり、それが奈良時代に日本に伝わり、一般にも広がったとのことです。広がる中で、索餅がそうめんへと変わっていきました。

皆さんはご存知でしたでしょうか?

 

後にスタッフから、質問いただいた方がお手紙の返事をジーっと読んでおられたよ、と聞きました。ほっと一安心。私たちも、今年は1つ物知りになれた七夕でした。

 

ページの先頭へ


メニューを閉じる