ホーム > KOYUKAI FRIENDS > 文化の日の行事食

KOYUKAI FRIENDS

文化の日の行事食

皆さんこんにちは。西宮協立リハビリテーション病院 栄養科です。

今回は11月3日(金)に実施した文化の日の行事食についての報告です。

 

< お品書き >

散らし寿司

豚肉と大根の煮物

きのことキャベツの炒め物

さつまいもプリン

 

 

主食がおかゆの方にはぞうすいを提供しました。

 

 

今回は秋のお膳ということで、きのことキャベツの炒め物もみじに型抜きした人参をあしらって、季節感の演出をしてみました。すこしの工夫でも印象は変わるものです。

 

 

そして、秋の味覚の一つと言えばさつまいも! ということで、さつまいもを使ってデザートを作りました。

写真では分かりづらいのですが、味のアクセントにハチミツをかけています!

 

 

今回は久々の散らし寿司でした(このブログでは3月3日節分の行事食で一度ご紹介しました)。

食器洗浄担当の者からは、「やっぱり、皆さんお寿司は好きなご様子だね。いつもと比べて食べ残しがほとんどなかったよ!」とうれしい報告がありました。

 

皆さまがお好きなメニューも考えつつ行事食に取り込むことで、「食事」が少しでも入院生活の楽しみとなりますように。

 

 

 

窓の外を見れば、いつのまにか木々が色づいていました。

猛暑だったせいか、今年の色づきは少し物足りませんが、夏の青々しさから秋の色へと変化しています。

 

西宮協立リハビリテーション病院は西宮市の中でも高台にあります。

季節を目で、また肌で感じられる環境の中で、当たり前のように毎日を過ごしていますが、これって、本当はとても幸せなことなのだろうなあと、秋の一日をしみじみと感じてしまいました。

ページの先頭へ

メニューを閉じる