ホーム > KOYUKAI FRIENDS > こどもの日

KOYUKAI FRIENDS

こどもの日

皆さんこんにちは。西宮協立リハビリテーション病院 栄養科です。

暦の上では初夏を迎え、五月晴れの空の青さが気持ちいい季節となりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

今回は5月5日に実施した、こどもの日の行事食についての報告です。

 

 

< お品書き >

  • しゃけの三色丼
  • 洋風炒り豆腐
  • 菜の花のごま和え
  • 真鯉まんじゅう

 

 

「こどもの日」ということで、しゃけ(親)とイクラ(子)の取り合わせの丼です。

 

 

小鉢の洋風炒り豆腐も「豆腐は大豆が原料の食品」、「枝豆は大豆の若い頃」ということで、大豆を親とする子ども同士の食材を取り合わせたお料理です。……というのは、ちょっと無理があるでしょうか……(笑)

 

 

主食がおかゆの方はこちらです。

< お品書き >

  • 鮭のパン粉焼き
  • 洋風炒り豆腐
  • 菜の花のごま和え
  • 真鯉まんじゅう

 

 

こどもの日の雰囲気を演出するために、デザートには真鯉まんじゅうを使いました。いつ見てもかわいらしいまんじゅうです。口にしようとすると、目が合うので、食べてしまうのが少しもったいなく、かわいそうな気もします。

 

 

 

・・・昼食配膳を終えて・・・

当院地下の出入り口には今春もツバメが巣を作り、お父さんツバメ、お母さんツバメがひなのために頑張っていました。巣からひなの顔は見えませんでしたが、元気のよい声だけは聞こえていました。

 

また、最寄り駅の夙川では、川幅いっぱいにつり下げられた鯉のぼりが、真っ青の空の下、お腹いっぱいに風を吸い込んで泳いでいました。初夏らしく、汗ばむ陽気の1日でした。

 

ページの先頭へ

メニューを閉じる